小児歯科 | 仙台市若林区クロスモール仙台荒井の歯医者さん”うえき歯科クリニック”沖野、六丁の目からもお越し頂いてます

お問い合せはこちら web診療予約 電話をかける トップページに戻る
小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。虫歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的に虫歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。これが小さな子どもで習慣づいてくると、数年後には筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらにこれが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。

6才臼歯について

6才臼歯について

永久歯の第1大臼歯のことを一般的に6才臼歯といいます。この6才臼歯は永久歯の中で最も早く生えてくる歯で、6才くらいに生えてくるのでこのように呼ばれています。6才臼歯は永久歯の中で一番始めに生えてきて、上と下の歯の噛み合わせを決定します。6才臼歯が正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼします。乳歯の1番奥のさらに奥に生えてくるので歯ブラシが届きづらくなります。そのため、みがき残しが多くなります。また、生え始めの時期はエナメル質も柔らかく、酸にとても弱い状態なのでむし歯になりやすくなります。


子どもの歯を守るために

歯を削ることなく予防できるシーラント
奥歯の噛む面には溝があります。ここは汚れが溜まりやすく、歯磨きがしにくいのでむし歯になりやすい個所です。この奥歯にシールをして虫歯を予防する方法がシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールは剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。また、シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯にならないという訳ではありません。
虫歯に強い歯をつくるフッ素
フッ素は歯を強くする成分で、抵抗力の弱い乳歯などをむし歯から守る薬剤です。初期のむし歯を修復する効果や歯垢の中にあるむし歯菌の働きも抑える効果もありますので、幼児期の虫歯予防には効果的です。
市場には「フッ素入り歯磨き粉」・「フッ素のうがい薬」などがありますが、歯医者による歯面へ直接のフッ素塗布がより効果的です。

「プレオルソ」 こども歯ならび矯正

小児の大切な時期にこそ「プレオルソ」です。

乳歯から永久歯に生え変わってからの矯正は全ての歯に金属の装置をつける一般的なイメージの「矯正」になりますが、「プレオルソ」は小児(6才~10才) の骨の軟らかい時期にマウスピースでする治療です。取り外しのできるマウスピースで行うため違和感が最小限になります。装着は就寝時と家にいる時のみで十分です。

7万円〜(税別)※ 診断料含む

症例により金額が変わりますので一度ご相談ください。

プレオルソの特徴

柔らかい
こどもが一番嫌がる堅いプラスチックの様なものでなく、ポリウレタン製の柔らかい素材です。装着感も非常に良く、お子さんが着けるのを嫌がらずに使うことができます。
決まった型のマウスピース
こどもにとって歯型を取ることは非常に高いハードルですが、プレオルソは歯型を取る必要がありません。
調整が簡単
従来の矯正装置は調整が非常に煩雑で嫌な臭いがしましたが、この装置は熱を加えることで自由に調整できる、熱可塑性の素材でできております。
お湯を使った簡単な調整でお子さんの顎を広げたり、口腔内に合わせることができます。

「プレオルソ」を用いた矯正治療を受けることのメリット

「お口ポカン」に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します。

「プレオルソ」は「咬みあわせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」を非常に重要と考えています。「プレオルソ」の装置を使って行う「口呼吸から鼻呼吸へ」独特の機能的なトレーニング法は子どもの成長発育にとても大切だと考えています。

矯正治療の流れ

相談
治療内容・治療期間・費用等についてご説明します。
資料の採得
レントゲン、口腔内の撮影等
診断
治療方針と治療方法のご説明をします。
合わせて費用等の確認も行いますので、気になる点はご相談下さい。
治療開始

プレオルソの使い方

通院時

必ず装置を持ってきてください。

ご自宅

◆日 中 > 1〜2時間ぐらい装置を入れて口を閉じたり、話をする練習をします。
◆就寝時 > 装置を入れた状態で寝て頂きます。

PAGE TOP