義歯(入れ歯) | 仙台市若林区クロスモール仙台荒井の歯医者さん”うえき歯科クリニック”沖野、六丁の目からもお越し頂いてます

お問い合せはこちら web診療予約 電話をかける トップページに戻る
義歯

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)治療とは

義歯(入れ歯)に対して、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
老化の象徴、ととらえてしまってはいないでしょうか。

歯の健康は、私たちが思っている以上に、日常の生活に密接に結びつき、その生活の質を大きく左右します。入れ歯の治療を行うことで、噛み合わせがよくなり、しっかりと咀嚼をできるようになった結果、口の運動につながり、おしゃべりもできて生活に活気が出たという例は少なくないのです。特に噛み合わせについては、食べる楽しみが増えるだけでなく、認知症治療にも好影響があると言われています。

料金はそれなりにかかってしまいますが、それ以上に、使う方やその家族の方の健康と幸せに貢献してくれると言えるでしょう。

義歯(入れ歯)の清掃について

義歯(入れ歯)の清掃について

義歯(入れ歯)の清掃は、初めての方にとって不安な点も多いと思いますが、手入れは簡単であり、心配をする必要はありません。テレビCMで放送されているような洗浄剤や歯医者さんが勧めてくれる洗浄剤使って、簡単に手入れをすることができ、綺麗な入れ歯を保つことが出来ます。

また、汚れが目立って気になる場合は、ご自分で入れ歯を外し、歯ブラシを使って清掃を行うことで、綺麗にすることができます。口臭予防のためにも、入れ歯を清潔に保つことが大切です。

部分入れ歯と総入れ歯

クラスプ義歯

クラスプ義歯

バネがある部分入れ歯のことをクラスプ義歯といいます。バネ以外の部分はプラスチックでできており、失った歯や残った歯の形に合わせて、患者様ごとにオーダーメイドで作製することができます。

バネがあることで固定され、入れ歯が沈み込むことなく噛んだときに安定感があります。バネは使っているうちにゆるんでしまうので、定期的に健診を受けて締めてもらうことで、外れにくくなります。


金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯とは、主要部分が金属で作られた入れ歯を指します。

メリットとしては、プラスチックの物よりも強度が高いため薄く作る事ができ、装着時の違和感が少なく、舌の動きを邪魔しないので話しにくくなる事もありません。また、食事の際温かい物を食べると温度を感じ美味しく食べられるという特徴があります。

デメリットとしては、保険適応のものに比べてかかる費用が高額になるという事と、使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こす場合があるという点が挙げられます。


レジン床義歯 - 保険適応 -

レジン床義歯 – 保険適応 -

レジン床義歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできた一般的な入れ歯のことをいいます。

保険適応のため、できることなら費用は安く抑えたいと考えている方におすすめです。

入れ歯にも様々な種類があり、自由診療のものはより快適な使い心地が期待できますが、保険適応でも噛むという観点からは問題のない仕上がりとなります。


PAGE TOP